ヒアルロン酸 化粧水

ヒアルロン酸化粧水が手放せない☆【ヒアルロン酸-低分子ヒアルロン酸の効果や基礎知識の情報】

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸に高い美容効果あると認識されてから、ヒアルロン酸配合の化粧水が最近ずいぶんと販売されているようです。

また、化粧水のみなならず乳液、シャンプー&リンス、ファンデーション、リップクリーム、目薬と多岐にわたって使用されています。

もともと人間の肌に存在する成分であるヒアルロン酸ですが、加齢と共に次第に減少していきます。減少していくと肌が乾燥してみずみずしさが失われ、ハリとツヤがなくなったりシワやしみができるといった特徴があります。

これらの問題を改善する効果が期待できるのがヒアルロン酸化粧水です。ヒアルロン酸化粧水を使用すれば、あなたも肌の乾燥を防ぐことが可能です。さらに肌の表面に水分をたっぷりと保ってくれ、角質を柔らかくする働きもあります。

加齢と共に肌が乾燥するとどうしても角質層が硬くなってしまいます。角質が硬くなってしまうと、新陳代謝が低下して古い角質がはがれにくくなってしまいます。

しかしヒアルロン酸化粧水を使うことで あなたの角質を柔軟化させることが可能ですから、角質の蓄積を防ぐことができ新陳代謝や肌サイクルを正常化させることが出来るのです。

ヒアルロン酸はそのままでは肌に浸透しにくい成分ですが、ヒアルロン酸化粧水は、肌に吸収されるように低分子化されていたり、改善して作られていますから、肌の表面からの吸収を可能にします。。

ですから、あなたもヒアルロン酸化粧水を使い続ければ肌の乾燥を防ぎなおかつ保湿もヒアルロン酸が美容効果で注目を集めるようになってから助けますので、肌の老化を防ぐことができるのです。








ヒアルロン酸-低分子ヒアルロン酸の効果や基礎知識の情報




ヒアルロン酸に関する情報(ニュース)

ヤクルト、「パラビオ」の肌なじみをさらに向上させたスキンケアアイテム9品を発売【ヒアルロン酸-低分子ヒアルロン酸の効果や基礎知識の情報サイト】

【マイライフ手帳@ニュース】2010年4月27日

ヒアルロン酸・化粧品

ヤクルト本社は、同社化粧品事業の基幹ブランドである「パラビオ」の肌なじみをさらに向上させたスキンケアアイテム9品を5月6日から発売する。また、合わせて新規の顧客に向け、お試しサイズ4品をセットにした「パラビオ ACセット」を発売する。

「パラビオ」は、肌本来の機能と構造に着目して開発したオリジナル保湿成分の「ラメラ粒子」(若々しくすこやかなお肌の細胞間脂質に似た構造(ラメラ構造)を持つ保湿成分)や「乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)」、「高分子ヒアルロン酸」などを配合し、1995年にエイジングコントロールの高級基礎化粧品として発売したという。

2007年には、保湿力を向上させた「ラメラ粒子」を配合することで「パラビオ」の進化型シリーズを発売したとのこと。

今回のさらなる進化型では、「美しくなりたい」「若々しくすこやかなお肌になりたい」という美容意識の高い消費者に、よりエイジングコントロール効果を実感してもらえるよう、「HBヒアルロン酸」(従来の高分子ヒアルロン酸の保水力はそのままに、肌なじみを良くした乳酸菌由来のオリジナル保湿成分)「セラミド」(肌に含まれる成分の一つで、角質層にある細胞間脂質の一部として層状構造の間をぴったり埋めている。

水分の蒸発を防ぐ保湿成分)「リピジュア」(ヒトの細胞膜の構造をもとに開発された保湿成分)を配合することで、肌へのなじみをさらに向上させたとのこと。使うほどに、キメ・つや・ハリとうるおいが実感でき、すこやかな肌へと導くとしている。消費者には、深進化型パラビオとして価値提案を行っていくとのこと。

[小売価格]7350円から1万185円(税込)
[発売日]5月6日(木)

【マイライフ手帳@ニュース】2010年4月27日

やはり、ヒアルロン酸を含むいい化粧品はお値段もいい金額ですね(笑)


ヒアルロン酸-低分子ヒアルロン酸の効果や基礎知識の情報サイト

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸の効果、美容と健康について【ヒアルロン酸-低分子ヒアルロン酸の効果や基礎知識の情報】

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸は体内の細胞をみずみずしく潤し、ミネラルやアミノ酸、各種ビタミンなどの栄養素を、細胞の奥まで浸透させ、肌を滑らかに美しく整えて、体質の改善に役立ちます。

実際に人間の体の約70%は水分が占めていると言われますが、人間の60兆ともいわれる細胞の隙間を埋めている体液がムコ多糖といわれるネバネバ物質です。そのムコ多糖の中でもヒアルロン酸ムコ多糖は、他のムコ多糖の6000倍もの保水力があり、体内を保水し形成しているのです。

コラーゲンというタンパク質は皮膚の張りを、ヒアルロン酸はその皮膚の潤いを作ります。ヒアルロン酸が減ってくると人間は枯れてきて、カサカサしてきます。皮膚の弾力が低下して、シワが出来るようになってきます。


ヒアルロン酸は卵巣の働きを助けて、特に女性の更年期障害の改善に大切な効果を与えます。さらに、生理痛を軽減したり性器の老化症の改善に効果を示します。

加齢につれて動脈硬化が促進されるのに対し、ヒアルロン酸はその動脈硬化を改善する働きがあります。
さらには、骨粗鬆症や血管の老化を防ぐのにも、素晴らしい効果を発揮するだけではなく、活性酸素を除去することも最近の研究で分かってきました。

ヒアルロン酸はβ-カロチンの協力によって、紫外線をカットするように働き、シミやソバカスの生成を防ぐので、女性にとって健康面だけでなく美容上においても大切であることが分かってきました。




ヒアルロン酸-低分子ヒアルロン酸の効果や基礎知識の情報

  1 2  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。